JAPHICマークとは

「個人情報の適正な取扱いと漏洩リスクを低減させるために第三者が企業を審査し認定する」のが個人情報保護マークです。[...]

JAPHICマークについて 

情報セキュリティ対策

今日、企業の情報漏洩問題は頻繁に起こっており、その対策の必要性が叫ばれているにも関わらず、[...]

情報セキュリティ対策に
ついて 

個人情報漏洩

個人情報の適切な管理には、安全保護管理だけではなく、個人情報の取得から、 廃棄、苦情対応まで広範な対応が必要となります。[...]

個人情報漏洩について 

内部対策法

顧客の個人情報を収集・活用する、営業秘密としての技術情報を活用する、プラントを自動制御する、など[...]

内部対策法について 

過去の記事一覧

  1. ウイルス感染

    【ウイルス対策】ランサムウェアによる暗号化、ロックにどう対処すべきか

    “ランサムウェア”は、感染するとコンピュータがロックされたり、ファイルが暗号化されたりしてしまうウイルスの一種です。ウイルスの中でも規模が拡大してい…

  2. 情報セキュリティ

    【医療・福祉・介護関連会社】情報セキュリティにおける安全対策と事例

    情報セキュリティの安全対策は、どんな業種でも意識しなくてはいけません。特に医療・福祉・介護関連会社は、数多くの個人情報を取り扱っている業種なので…

  3. 情報セキュリティ

    情報セキュリティの安全性アップに貢献出来る「ウイルスに関する届出」とは?

    企業がもしウイルスの被害に遭ってしまった場合、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)という機関に「ウイルスに関する届出」が出来ます。届出をするこ…

  4. 未分類

    個人情報保護法の効果をアップさせるための「認定個人情報保護団体」とは?

    個人情報保護法は、企業の業種を問わずに規定されている法律です。従って、業種の特徴に応じて適切に個人情報を取り扱うには、それぞれの企業が自主的に適…

  5. サイバー攻撃

    サイバー攻撃の脅威にさらされやすい業種とは一体・・?

    現在様々な業種の企業がサイバー攻撃の脅威にさらされていますが、今後も継続して被害を受ける可能性が高い業種があります。該当する業種と、各業種がサイ…

  6. 個人情報

    企業が個人情報を流出させてしまった場合の損害賠償について

    企業が個人情報を流出させてしまった場合、場合によっては損害賠償の責任を負ってしまうこともあります。企業が支払わなくてはいけない損害賠償の金額はど…

  7. 個人情報

    【GDPR】EUデータ保護規則とEUデータ保護指令の異なる点

    GDPR(EUデータ保護規則)は2016年に制定され、2018年5月25日に施行がスタートします。これまでEUは、「EUデータ保護指令」という指…

  8. 個人情報

    元従業員が個人情報を持ち出し!企業が取るべき行動とは?

    個人情報の持ち出しによる情報漏洩は、実は企業外で発生してしまうケースがあります。それが、「元従業員による個人情報の持ち出し」です。すでに退職…

  9. ウイルス感染

    企業のパソコンがウイルス感染!種類ごとの対処法とは?

    ウイルス感染と一口に言っても、ウイルスにはサイバー攻撃と同様に様々な種類があります。またウイルスに感染したときの対処法も、種類によって異なります。…

  10. 情報セキュリティ

    情報セキュリティにおける“新4大要素”とはなに?

    情報セキュリティにおいて、“機密性”、“完全性”、“可用性”という3つの要素を守ることが基本とされています。この3つの要素に加えて、近年は“新4…

業種別記事

おすすめ記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP