JAPHICマークとは

「個人情報の適正な取扱いと漏洩リスクを低減させるために第三者が企業を審査し認定する」のが個人情報保護マークです。[...]

JAPHICマークについて 

情報セキュリティ対策

今日、企業の情報漏洩問題は頻繁に起こっており、その対策の必要性が叫ばれているにも関わらず、[...]

情報セキュリティ対策に
ついて 

個人情報漏洩

個人情報の適切な管理には、安全保護管理だけではなく、個人情報の取得から、 廃棄、苦情対応まで広範な対応が必要となります。[...]

個人情報漏洩について 

内部対策法

顧客の個人情報を収集・活用する、営業秘密としての技術情報を活用する、プラントを自動制御する、など[...]

内部対策法について 

過去の記事一覧

  1. ウイルス感染

    【ウイルス感染】ワームの攻撃の仕組みについて解説!

    他のウイルスとは違い、“ワーム”は単独で行動し、単独で増殖していきます。またウイルスであるワームの攻撃には、パソコンを停止させたり、情報を窃取したりとさ…

  2. 個人情報

    漏えいした個人情報はさまざまな形で悪用されます!

    もし企業において顧客の個人情報が漏えいしてしまうと、対象となった個人情報はさまざまな形で悪用されます。企業は個人情報の悪用にどんなパターンがあるのかを知…

  3. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    不注意で個人情報を紛失してしまった情報セキュリティ事件

    企業における情報セキュリティ対策が不十分だったばっかりに、個人情報の紛失事件が起こるということは、あってはならないことです。ただそれ以上にあってはならな…

  4. 個人情報

    詐欺ウォールを導入している場合としていない場合を比較!

    ネット詐欺専用セキュリティアプリである“詐欺ウォール”は、ありとあらゆるネット詐欺の被害を水際で防いでくれます。したがって今回は、詐欺ウォールがネッ…

  5. ウイルス感染

    ウイルスと情報セキュリティにおける可用性の関係性とは?

    情報セキュリティにおける可用性とは、企業におけるファイルやシステムなどが、必要なときに使用できる状態であることを言います。ではもし企業のパソコンがウ…

  6. ウイルス感染

    個人情報の目的外利用とウイルス感染の関係性について

    個人情報の目的外利用とは、本人から同意を得た目的(利用目的)以外で個人情報を利用することを言います。ただ個人情報の目的外利用をする場合は、企業のパソ…

  7. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    企業が機密性を失ってしまった情報セキュリティ事件について

    機密性とは、簡単に言うと情報が外部に漏えいしないようにすることを言います。つまり不正アクセスなどへの対策が甘く、情報が漏えいしてしまうと、その企業は…

  8. 個人情報

    詐欺ウォールの引き継ぎ方法と利用時の注意点について

    ネット詐欺に特化したセキュリティ対策アプリである詐欺ウォールは、さまざまな種類のデバイスで利用できます。ではデバイスの買い替えを行ったとき、詐欺ウォ…

  9. サイバー攻撃

    サイバー攻撃事例】2018年を代表する事例を紹介!

    いつの時代になっても、その年を代表するサイバー攻撃事例というものは存在します。今回はそんなサイバー攻撃事例として、2018年を代表する事例を紹介しま…

  10. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    可用性を失ってしまった個人情報漏えい・セキュリティ事件

    情報セキュリティにおける可用性とは、利用者が必要なときに安全にアクセスできる環境であることを言います。したがって今回は、外部からの攻撃によってサイト…

業種別記事

おすすめ記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP