個人情報漏えい・セキュリティ事件

日々発生する情報漏えい事故は他人事ではありません!

監修者:金子 雅和

毎日のように発生している中小企業の情報漏えい事故。
つまり現在の状況は、どの中小企業でいつ情報漏えい事故が発生してもおかしくない状況ということです。
各中小企業は実際に発生した情報漏えい事故を参考にして、常に適切な情報セキュリティ体制を整えておかなければいけません。

実際に発生した情報漏えい事故①マイカースポンサー情報漏えい事故

2018年12月、自家用車に広告ステッカーを貼ることで広告収入を得ることができるサービス“マイカースポンサー”において、メールの誤送信による情報漏えい事故が発生しました。
マイカースポンサーを運営する“オートプラス”によると、一部のユーザーに送信した案内メールにおいて、誤送信が発生したとされています。
送信先に誤りがあり、432件のメールが受信者間で閲覧可能となってしまいました。
オートプラスでは通常メール配信システムが用いられていますが、システムの不具合が生じたため手動送信に切り替えたところ、その際にミスが発生しています。
オートプラスは同日中に対象のユーザーに謝罪し、誤送信されたメールを削除するように呼びかけています。

実際に発生した情報漏えい事故②ベーシック情報漏えい事故

2018年12月、マーケティング関連のオンラインサービスを提供する“ベーシック”において、利用するクラウドのアカウントが不正アクセスを受けたことによる情報漏えい事故が発生しました。
この事故では、ベーシックがクラウドにアクセスするための認証キーを第三者に取得され、不正アクセスによって不正なインスタンスが構築されています。
これにより、ベーシックのサービスを利用する組織、または利用する組織が取得したユーザー情報などが漏えいした可能性があるとされており、正確な数は把握されていません。
その後、不正なインスタンスは仮想通貨イーサリアムのマイニングを目的に構築されたものであることが判明し、ベーシックはサーバの使用料約110ドルの被害を受けました。

実際に発生した情報漏えい事故③ダイドードリンコ

2018年11月、大手飲料メーカーである“ダイドードリンコ”において、新卒採用のために使用していたメールアカウントが不正アクセスを受けたことによる個人情報漏えい事故が発生しました。
不正アクセスが発生したアカウントには、新卒採用候補者最大1,023人分の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが保存されており、それらの個人情報が漏えいした可能性がある事故だと発表されています。
また同アカウントにはそれ以外にも、ダイドードリンコグループの従業員993人分の氏名、業務用メールアドレスなどの情報が含まれていました。
ダイドードリンコは同アカウントの利用を停止し、再発防止に向けた社内パスワード管理の徹底を行うと発表しています。

まとめ

日々発生している情報漏えい事故は、外部からの不正アクセスやサイバー攻撃が原因のもの、企業のミスや怠慢が原因のものなどさまざまです。
総合的に企業の情報セキュリティ体制を高めたいのであれば、第三者認証制度の“JAPHICマーク”などの信頼できるマークの取得を目指し、少しでも情報漏えい事故が発生するリスクを抑える努力をしましょう。

ピックアップ記事

  1. ウイルスの総合的な内部対策が可能になる“UTM”について
  2. 【IT業界】個人情報の利用目的における正しい定め方』
  3. 個人情報漏洩により晒される危険とはなにがあるのか?
  4. 個人情報の悪用被害を防ぐために利用すべき最新アプリ
  5. 【医療・福祉・介護関連会社】情報セキュリティにおける安全対策と事例

関連記事

  1. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    ウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件について

    ヒューマンエラーや不正アクセスが原因の個人情報漏えい事件は、毎日の…

  2. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    宅ファイル便の480万件の漏えい事件について解説します

    皆さんは、先月22日に発生した“宅ファイル便の480万件の漏え…

  3. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    【医療介護業界】患者の個人情報漏えい事件を紹介します

    顧客の個人情報漏えい事件は、さまざまな業界で発生しています。…

  4. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    比較的新しいサイバー攻撃事件をいくつか紹介します

    企業がサイバー攻撃によって個人情報を漏えいしてしまう事件は、同…

  5. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    情報漏えい事件が発生したら企業責任を素直に認めよう

    企業において情報漏えい事件が発生した場合は、顧客への謝罪や損害…

  6. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    最新の情報セキュリティ事件を一挙に紹介します!

    企業が情報セキュリティ事件の被害に遭うのを防ぐためには、常に最新の…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP