個人情報漏えい・セキュリティ事件

ウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件について

監修者:金子 雅和


ヒューマンエラーや不正アクセスが原因の個人情報漏えい事件は、毎日のように頻繁に発生しています。
またウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件は、頻繁にではないものの数ヶ月おきには発生しているのが現状です。
今回は、実際にウイルス感染が確認された事例をいくつか紹介します。

ウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件①新潟大学歯学総合病院

新潟大学歯学総合病院において、ウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件が発生しました。
2017年12月、同院のパソコンがマルウェアに感染している可能性があると職員から報告があり、調査した結果、ファイルが暗号化されて使用できない状態になっていました。
ランサムウェアに感染したパソコンには、同院の治験に関する患者の氏名など、個人情報が保存されており、調査の結果個人情報の漏えいはなかったとされています。
また同月18日には、同院のウェブサイトが不正アクセスによって改ざんされるという事件も発生しています。

ウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件②多摩都市モノレール

2018年7月、多摩都市モノレールの業務用ファイルサーバにおいて、ウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件が発生しました。
同社の業務用ファイルサーバはランサムウェアの被害を受け、ファイルを暗号化されています。
従業員がファイルサーバのファイルにおける異変に気づきましたが、その翌日にはすでにサーバ内のすべてのファイルにアクセスできない状態になっていたと言います。
そこに金銭を要求する画面も表示されていたため、ランサムウェアに感染していることが明確になりました。
同社はこの事件を受けて、マルウェア感染経路の分析やファイルの復旧などを進めています。

ウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件③甲南学園

こちらは企業ではなく、甲南学園の学内ネットワークにおいて、ウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件です。
同学園の学内教育で利用する端末393台がマルウェアに感染しています。
実習室のプリンタが突如使用できなくなる障害が発生したことで、マルウェアの感染被害が明確になりました。
感染したのは、ネットワーク内部で自動的に拡散され、仮想通貨のマイニング、DDoS攻撃などの踏み台として利用されるマルウェアです。
同学園は、一般的なセキュリティ対策ソフトでマルウェアの検知、駆除ができなかったため、外部業者へ解析を依頼しました。
その結果、検知および駆除方法が策定され、その後問題なくマルウェアの駆除は完了しています。
個人情報漏えいについては、マルウェアの種類から可能性は低いと同学園は説明しています。

まとめ

ウイルス感染が確認された情報セキュリティ事件をいくつか紹介しました。
メールの誤送信などのヒューマンエラーは、企業の信頼度を下げることに繋がってしまいます。
ただもしウイルス感染が確認された場合、企業に与えるダメージはその比ではありません。
信頼性が下がることはもちろん、場合によっては経営が困難になることも考えられるため、十分警戒しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. ウイルスの総合的な内部対策が可能になる“UTM”について
  2. 個人情報を第三者へ提供する際の同意は全てにおいて必要なのか
  3. ウイルス感染により企業が被る影響とそのリスクとは?
  4. 基本中の基本!?情報セキュリティの3大特性とは?
  5. 医療機関におけるセキュリティの内部対策と重要性

関連記事

  1. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    6月に起こった主な情報セキュリティ事件をまとめました

    6月に入って約2週間が経過しましたが、6月だけでもすでにいくつ…

  2. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    不正アクセスで発生した情報セキュリティに関する事件

    不正アクセスが原因の情報セキュリティに関する事件は後を絶たず、…

  3. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    7月に発表された注目の情報セキュリティ事件を紹介します

    情報セキュリティ事件は、企業や店舗、教育機関など、あらゆる場所…

  4. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    宅ファイル便の480万件の漏えい事件について解説します

    皆さんは、先月22日に発生した“宅ファイル便の480万件の漏え…

  5. サイバー攻撃

    最近発生した企業におけるサイバー攻撃事件について

    企業におけるサイバー攻撃事件は一向に減少する気配がなく、ここ数ヶ月…

  6. 個人情報漏えい・セキュリティ事件

    情報漏えいによって損害賠償!過去の事例を振り返る

    以前、情報漏えいによって損害賠償が発生した過去の事例を紹介しま…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP