サイバー攻撃

増加し続けるサイバー攻撃の対策をするためには?

監修者:金子 雅和

サイバー攻撃の脅威

重要な個人情報を扱う際に最も気をつけなければならないのは、間違いなくその流出を防ぐということにあります。
しかし、既存のセキュリティでは対応しきれないほどに、年々進化し続け、増加し続けているサイバー攻撃は、今や企業にとっても個人にとっても脅威といえます。
攻撃方法として代表的なものは
・DoS・DDoS攻撃(サーバに負荷をかけたり、サーバ上のサービスを停止させる攻撃
・ 標的型メール攻撃(特定のターゲットに対して、なりすましメールを送り続ける攻撃)
・ Webサイト改ざん(不正アクセスでWebサイトやアクセスログなどを勝手に書き換える攻撃)
・ 水飲み場型攻撃(標的がよく利用するサイトを改ざんして利用者にウィルスなどを仕込む攻撃)
などが挙げられますが、これらの攻撃方法を応用したしたものがさらに何倍も、そしてこれからさらに進化していくと考えられます。

増加し続ける標的型サイバー攻撃

その中でも特定の対象に向けて行われる”標的型攻撃”による情報流出は、特に増え続けており、様々な情報漏洩事件を引き起こしています。

例えセキュリティ対策を万全に整えた大企業であっても、個人に対して送られたメールから侵入し何百万という情報を巻き込んでしまうという手法は、対策にも限りがあると言えるのかもしれないという気がしてしまいます。

さらにこれらを利用し、企業に対して金銭を要求するような事例も増えているのです。

対策を常に更新しなくてはならないというジレンマ

対策に関して、攻撃する側が必ず有利でありその段階に合わせて防御していくことが必要です。

侵入方法が様々な方法に進化していくことから、入り口対策や内部対策だけでは不十分だといえるでしょう。

情報漏洩という攻撃者の最終目的を防ぐための出口対策も同時に考えることが重要と考えられます。

信頼を得るための方法

これらの対策をする上で、”正確な知識を知ることの重要性”は、経営者にとっても安心に繋がり必要不可欠だといえます。

経営コンサルタントに相談したり、個人でも調べることで、常に更新されて行く状況に追いつけるよう学習し、正確な知識を持つことは経営者にとって必要です。

さらにお客様に対しての安心に繋がるであろう、個人情報の適切な保護体制を構築しているという証として発行されるJAPHICマークの取得は企業としての信頼を得るのに大きな助けとなることが想像されます。

時代は常に進化し続けますが、安心と信頼という面は揺り動かされてはいけないものです。企業を信頼してくださるお客様のためにも、早急な対策をご検討頂きたく思います。

 

ピックアップ記事

  1. 個人情報漏洩により晒される危険とはなにがあるのか?
  2. 経営者が注意すべき4大セキュリティポイントをご紹介!
  3. 視覚化ツールをご紹介!目で見るサイバー攻撃の脅威と今
  4. 個人情報を第三者へ提供する際の同意は全てにおいて必要なのか
  5. サイバー攻撃の種類ごとの特徴をそれぞれ解説していきます

関連記事

  1. サイバー攻撃

    企業や個人が警戒すべき“バッファオーバーラン攻撃”

    企業や個人が警戒しなければいけないサイバー攻撃は数多くあり、…

  2. サイバー攻撃

    サイバー攻撃を受けた海外企業の事例を見てみよう

    日本国内では、サイバー攻撃によって甚大な被害を受けた企業のニュース…

  3. サイバー攻撃

    サイバー攻撃をリアルタイムで確認できるブラウザ版ツール

    現在も世界の至るところでサイバー攻撃が行われ、多くの企業や個人が被…

  4. サイバー攻撃

    “脆弱性”について知っておこう

    情報セキュリティの分野において、無視できない“脆弱性”。なんとな…

  5. サイバー攻撃

    “おまかせサイバーみまもり”というサービスを知っていますか?

    皆さんは、“おまかせサイバーみまもり”というサービスをご存じ…

  6. サイバー攻撃

    サイバー攻撃事例】2018年を代表する事例を紹介!

    いつの時代になっても、その年を代表するサイバー攻撃事例というものは…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP