情報セキュリティ

セキュリティエンジニアに求められる6つの能力について

監修者:金子 雅和

“セキュリティエンジニア”は、企業においてサーバ関連、情報セキュリティ業務を専門に担当するエンジニアです。
いわば企業にとって、情報セキュリティ対策の核となる人物であり、企業側は優れた人材をこちらに配置しなければいけません。
ここからは、セキュリティエンジニアに求められる6つの能力について解説します。

セキュリティエンジニアに求められる能力6選

優れた能力を持つセキュリティエンジニアは、情報セキュリティ体制を適切に管理し、脅威から遠ざけてくれることが期待できます。
よって、企業は採用活動や配置転換を行う際、以下のような能力があるかどうかを細かくチェックしましょう。

・プログラミングスキル
・豊富なIT知識
・ロジカルシンキング
・コミュニケーションスキル
・柔軟性
・モラル

プログラミングスキル

セキュリティエンジニアに欠かせない能力としては、まずプログラミングに関する能力が挙げられます。
こちらは“セキュアプログラミング”と呼ばれるもので、システムやアプリケーションの脆弱性を事前に排除し、個人情報漏えいやなりすまし、予期しないシステムダウンなどを防止するためのプログラミング手法をいいます。
例えば、SQLインジェクションやバッファオーバーフローなど、外部からデータを使った攻撃を仕掛け、システムやアプリケーションの異常な挙動を誘発するサイバー攻撃に対しては、セキュアプログラミングが非常に有効です。
もちろん、セキュリティエンジニアはITシステムの開発工程にも携わるため、一般的なプログラミングに関する能力や知識も必要不可欠です。

豊富なIT知識

セキュリティエンジニアは、豊富なIT関連の知識を有しておく必要があります。
企業の情報セキュリティ体制を適切に管理するためには、まずITシステムの企画や提案、設計を行い、その後実装やテスト、運用保守といったさまざまなステップを踏まなければいけません。
よって、IT知識が不足していたり、偏った知識しか持っていなかったりするセキュリティエンジニアは、たとえどれだけ業務に対する姿勢や効率が良かったとしても、企業にとって頼れる存在ではないと言えます。
採用や人事異動の際は、単純な知識量についても細かくチェックしておきましょう。
ちなみに、以下のような知識が豊富なセキュリティエンジニアは、企業にとって頼りになる人材だと言えます。

・サーバ、OS関連の知識
・セキュリティ、ネットワーク、IT関連の法令に関する知識 など

ロジカルシンキング

企業のセキュリティエンジニアには、“ロジカルシンキング”も必要です。
こちらは、直感や感覚的に物事をとらえるのではなく、筋道を立てて矛盾や破綻がないように論理的に考え、結論を出す思考法をいいます。
情報セキュリティ管理においては、ITシステム間の複雑な関係を正確に把握し、構造を理解した上で効率的なフローを構築するといった流れが、ロジカルシンキングを応用した手法になります。
逆に、物事を直感的に捉えるようなセキュリティエンジニアは、フローが遠回りになってしまったり、その場しのぎの対処によって、トラブルを鎮静化できなかったりする可能性があります。

コミュニケーションスキル

意外と思われる方もいるかもしれませんが、企業のセキュリティエンジニアには、コミュニケーションスキルも必要不可欠です。
セキュリティエンジニアは、セキュリティ対策の提案や交渉、システムに関するヒアリング、設計や対策の内容説明など、クライアントとやり取りをする機会も多いです。
このように、技術営業に近いポジションでの立ち回りを求められることもあるため、スムーズにコミュニケーションを取りながら要望を聞き取り、要件に落とし込んで的確な情報セキュリティ体制を構築できるかどうかは、セキュリティエンジニアを務めるにあたって大きなポイントです。

柔軟性

企業におけるセキュリティエンジニアには、柔軟性も必要です。
サイバー攻撃を始めとする脅威は年々増加、悪質化の一途を辿り、手口も巧妙化しています。
よって、企業における情報セキュリティ対策の核であるセキュリティエンジニアが柔軟な考え方をしないと、なかなかすべての脅威には対抗できません。
あらゆる可能性を想定し、そのときの状況に臨機応変に対応できるのが、本当に優れたセキュリティエンジニアです。

モラル

セキュリティエンジニアは、個人情報を含む機密情報を扱う企業の最前線にいる人物です。
そのため、技術や知識はもちろんのこと、常に情報漏えいに気を払い、高いモラルを持って業務に当たることも意識しなければいけません。
また、万が一情報漏えいが発生した場合には、企業を代表してすべての責任を取るというくらいの強い責任感も必要です。

まとめ

ここまで、企業のセキュリティエンジニアに求められる6つの能力について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
企業がセキュリティエンジニアの採用活動、配置転換を行う際、経験や人間性をチェックすることはもちろん大切です。
しかし、今回解説した能力を持っていないと、セキュリティ対策の核として機能しない可能性があることは理解しておきましょう。

 

ピックアップ記事

  1. ウイルス感染により企業が被る影響とそのリスクとは?
  2. 個人情報漏洩により晒される危険とはなにがあるのか?
  3. 宅ファイル便の480万件の漏えい事件について解説します
  4. クリニック・病院で起こった情報セキュリティ事件について
  5. 【医療・福祉・介護関連会社】情報セキュリティにおける安全対策と事例

関連記事

  1. 情報セキュリティ

    変わったサイバー攻撃に対する情報セキュリティ対策について

    サイバー攻撃は、いつの時代も企業や個人を付け狙う脅威として恐…

  2. 情報セキュリティ

    企業のウェブサイトの安全性をアップさせるには?

    企業のウェブサイトは、事業内容や実績、取扱商品などを取引先・顧客に示…

  3. 情報セキュリティ

    クラウドサービスを安全に利用するためのチェック項目

    クラウドサービスは、従来利用者が手元のコンピュータで利用して…

  4. 情報セキュリティ

    USBメモリ購入時はセキュリティ機能が付いたものを選ぼう

    個人も法人も使用するリムーバブルディスクの1つに、USBメモ…

  5. 情報セキュリティ

    Microsoft Officeのアプリにおける情報セキュリティ対策について

    企業にとって必要不可欠なアプリケーションに、“Microso…

  6. 情報セキュリティ

    情報セキュリティにおける“新4大要素”とはなに?

    情報セキュリティにおいて、“機密性”、“完全性”、“可用性”という…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP