個人情報

Twitterにおいて個人情報の削除依頼はできるのか?

監修者:金子 雅和


大手SNSのTwitterは、今や世界中の方が利用する人気のサービスです。
ただTwitterにおいて、もし自身の個人情報が投稿されているのを発見した場合、果たして削除依頼はできるのでしょうか?
またTwitterで個人情報の削除依頼ができる場合、削除してもらうにはどのような手順を踏めばいいのでしょうか?

Twitterにおいて、個人情報の削除依頼はできる?

結論から言うと、Twitterで個人情報の削除依頼をすることは可能です。
Twitterには“違反コンテンツ”という投稿が禁止された項目が存在し、その中に個人情報も含まれているためです。
Twitterが違反コンテンツとして投稿を禁止している項目には、個人情報以外に以下のようなものがあります。

・企業のロゴマーク(Twitterのマークを含む)
・著作権のある画像や文章
・ポルノ画像やグロテスクな画像
・犯罪を予告する文章
・身体的な脅迫をする文章
・特定の人物への誹謗・中傷をする文章
・自殺を示唆する文章 など

Twitterが違反コンテンツとしている個人情報にはどんなものがある?

Twitterが違反コンテンツとして、投稿を禁止している個人情報には以下のようなものが挙げられます。

・クレジットカード情報
・居住地
・勤務地
・社会保障番号
・プライベートがわかる画像 など

Twitterにおいて上記のような投稿を発見し、個人が特定される恐れがある場合は、すぐに個人情報の削除依頼を行いましょう。

Twitterにおける個人情報の削除依頼の手順は?

Twitterにおける個人情報の削除依頼は、まず証拠となる画像を保存するところから始めます。
個人情報と判断される箇所をスクリーンショットなどで撮影したら、次はまず、違反コンテンツを投稿したアカウント主に削除依頼をしましょう。
TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)機能を使って、アカウント主に個人情報を削除してほしい旨を伝えます。
この際、“弁護士への相談を視野に入れている”というような文言を添えると効果的です。
もしアカウント主が個人情報を削除しない場合は、Twitter社に直接連絡しましょう。
Twitter社が投稿された内容を違反コンテンツと認識していれば、連絡をしなくても個人情報は削除され、投稿した方のアカウントは凍結されます。
ただTwitter社による認識が遅れている場合、削除されるまでには時間がかかるため、できれば削除されるのを待たず、すぐに連絡するべきです。
連絡するには、Twitterのヘルプセンターから“違反報告”を選択し、どんな違反があったかを報告します。
個人情報を無断で投稿された方は“個人情報”から、どのような個人情報を投稿されたかを細かく伝えます。
個人情報を投稿された上に、誹謗や中傷を受けているという方は、“嫌がらせ”から細かい情報をTwitter社に送信しましょう。

まとめ

Twitterにおける個人情報の削除依頼について解説しました。
自身の個人情報が投稿されているのを発見したら、すぐにアカウント主またはTwitter社とコンタクトを取りましょう。
またこれからもTwitterを利用するという方は、自身の軽率な発言で個人情報の削除依頼をされたり、アカウントが凍結されたりしないように注意するべきです。
場合によっては損害賠償や慰謝料を請求されることもあるため、細心の注意を払って利用してください。

ピックアップ記事

  1. 【IT業界】個人情報の利用目的における正しい定め方』
  2. ビルメンテナンス業の個人情報漏えい対策になるガイドライン
  3. サイバー攻撃の被害に遭った企業の細かい調査結果を紹介します
  4. IT系企業における情報セキュリティ対策を細分化して解説します
  5. 視覚化ツールをご紹介!目で見るサイバー攻撃の脅威と今

関連記事

  1. 個人情報

    漏えいした個人情報はさまざまな形で悪用されます!

    もし企業において顧客の個人情報が漏えいしてしまうと、対象となった個…

  2. 個人情報

    【GDPR】EUデータ保護規則はどんなことを企業に求める法律なのか

    GDPR(EUデータ保護規則)は、日本の企業であっても条件に該…

  3. 個人情報

    個人情報を第三者へ提供する際の同意は全てにおいて必要なのか

    「第三者提供」とは、事業者が保有する個人データをその事業者以外…

  4. 個人情報

    個人情報を一元化して管理することのメリットとは?

    個人情報を一元化して管理するというのは、簡単に言うと「管理方法…

  5. 個人情報

    個人情報漏洩を防ぐための内部対策とその原因とは?

    個人情報漏洩を防ぐためには、会社の中でそれに向けた内部対策を打…

  6. 個人情報

    詐欺ウォールを導入している場合としていない場合を比較!

    ネット詐欺専用セキュリティアプリである“詐欺ウォール”は、あり…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP