個人情報

詐欺ウォールで防ぐことができるネット詐欺の種類とは?

監修者:金子 雅和

BBソフトサービスが提供している“詐欺ウォール”は、あらゆる方法で個人情報の漏えいや金銭的な被害を防いでくれるアプリです。
また詐欺ウォールはネット詐欺に強く、さまざまな種類のネット詐欺による被害を水際で防いでくれます。
では詐欺ウォールは、具体的にどんなネット詐欺に対応してくれるのでしょうか?

詐欺ウォールで防げるネット詐欺の種類①ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺とは、文字通り悪質なウェブサイトのURLを1回クリックするだけで被害に遭ってしまう詐欺のことを言います。
アダルトサイトや出会い系サイトに多く、URLをクリックするだけで勝手にサイトに登録され、その後金銭を要求されます。
詐欺ウォールは、ワンクリック詐欺の疑いがあるウェブサイトを事前に検知し、実際遭遇する前にブロックしてくれます。

詐欺ウォールで防げるネット詐欺の種類②偽通販サイト

偽販売サイトとは、商品購入後も商品が届かなかったり、粗悪品を送り付けられたりする悪質なサイトのことを言います。
偽販売サイトは、詐欺サイト特有の動きを見せることが少ないと言われていますが、詐欺ウォールは偽販売サイトにアクセスした瞬間、すぐに検知してブロックしてくれます。

詐欺ウォールで防げるネット詐欺の種類③フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、メールを利用してウェブサイトに誘導し、パスワードやクレジットカード番号などの個人情報を入力させて窃取する詐欺のことを言います。
詐欺ウォールはフィッシング詐欺にも強く、メールから怪しいウェブサイトにジャンプする前に検知し、ブロックしてくれます。

詐欺ウォールで防げるネット詐欺の種類④偽警告

偽警告とは、画面に“ウイルスに感染した”などの文言を表示させ、必要のないソフトウェア、悪質なソフトウェアをインストールさせる詐欺のことを言います。
詐欺ウォールは、偽警告の広告をクリックした時点、またはポップアップをクリックした時点で、ソフトウェアのインストールに移らないようにブロックしてくれます。

詐欺ウォールで防げるネット詐欺の種類⑤ランサムウェア

ランサムウェアとは、パソコンやスマホのデータがロックされてしまい、ロック解除の代わりに金銭を要求される詐欺のことを言います。
詐欺ウォールのWindows版は、攻撃者がロックをかけようとする動きを検知し、ランサムウェアの被害が予想されるウェブサイトへのアクセスをブロックしてくれます。

まとめ

詐欺ウォールで防ぐことができるネット詐欺について、詳しく解説しました。
詐欺ウォールはネット詐欺に強いアプリであり、現在日本でも多くの被害が出ているネット詐欺のほぼすべてに対応してくれます。
また偽販売サイトなど、他のアプリでは対応が難しいネット詐欺にも迅速に対応してくれるため、パソコンとスマホの両方で導入しておくべきでしょう。

ピックアップ記事

  1. サイバー攻撃の被害に遭った企業の細かい調査結果を紹介します
  2. ビルメンテナンス業の個人情報漏えい対策になるガイドライン
  3. 【医療介護業界】患者の個人情報漏えい事件を紹介します
  4. ウイルス感染により企業が被る影響とそのリスクとは?
  5. ウイルスの総合的な内部対策が可能になる“UTM”について

関連記事

  1. 個人情報

    個人情報の漏洩事案が減らない原因・要因とは何か?

    2017年の個人情報保護法改正やGDPR(EUデータ保護規則)…

  2. 個人情報

    個人情報を一元化して管理することのメリットとは?

    個人情報を一元化して管理するというのは、簡単に言うと「管理方法…

  3. 個人情報

    【個人情報】運転免許証を失くしたときに考えられる被害とは

    運転免許証は、本来車を運転するために必要なものですが、本人確認…

  4. 個人情報

    個人情報のセキュリティ体制強化は身近な対策から!

    個人情報のセキュリティ体制を強化するためには、まず身近な対策を…

  5. 個人情報

    個人情報が流出!お詫びのメールの送り方について

    企業は個人情報を流出させてしまった場合、ユーザーに対して早急に…

  6. 個人情報

    IT業界に適した“第三者認証制度”には一体どんなものがあるのか?

    第三者認証制度とは、“企業の外部における第三者に審査と認証を受…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP