情報セキュリティ

新型コロナウイルスに便乗した詐欺行為が横行しています

監修者:金子 雅和

“新型コロナウイルス”の感染拡大は日に日に勢いを増しており、ついには日本で緊急事態宣言が発動される可能性がある状態にまで発展しました。
また、巷では、新型コロナウイルスに便乗した詐欺行為も散見されるようになっています。
ここからは、今まで報告されている詐欺行為の事例を紹介したいと思います。

LINEを利用した詐欺行為について

大手SNSアプリである“LINE”を悪用して、不正に個人情報を聞き出す詐欺が報告されています。
これは、最近ニュースで目にすることも多い“クラスター(集団感染)”の情報を集めようと、LINEがスタートさせた調査を悪用した詐欺行為です。
具体的には、本物の調査では行われないクレジットカード番号を、悪用する目的で聞き出そうとするものです。
本物の調査では、新型コロナウイルス感染の可能性を示す情報や、年齢、性別、居住エリア等しか尋ねられることはないため、上記のような詐欺に引っかからないように注意しましょう。
また、LINEを利用した詐欺行為におけるメッセージは、LINE公式アカウント以外から送られてきます。
したがって、公式アカウントではないにも関わらず、LINEを名乗るようなメッセージに対しては、決して回答してはいけません。

マスク無料配布詐欺について

新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界は深刻なマスク不足に陥っています。
そんな状況の中、「マスクを無料で配布します」という旨のSMSが送られてくるという事例が報告されていますが、これは詐欺であるため注意しましょう。
具体的には、マスクの無料配布を装い、メールに記載されたURLにアクセスさせ、個人情報を窃取しようとするものです。
もちろん、URLにアクセスしたところでマスクは配布されません。
現在、店頭でもネットでもほとんどマスクが手に入らない状況のため、喉から手が出るほどマスクが欲しいという方も多いかもしれませんが、このようなメールのURLは絶対に開かないようにしましょう。

厚生労働省を装った詐欺行為について

巷では、厚生労働省を装った詐欺行為も横行しています。
現在報告されている事例には、「費用を負担するから、PCR検査を受けてください」と電話で伝え、その際に個人情報を不正に聞き出すというものがあります。
これは、厚生労働省が正式に詐欺だと公表しているものであるため、絶対に対応してはいけません。
特に、お年寄りの方は注意してください。
また、同じような事例には、厚生労働省を名乗り、「今なら50万円の助成金が受けられます」と電話で伝え、個人情報を盗み出そうとするケースもあります。
厚生労働省から各家庭に直接電話をし、検査や助成金の受け取りを促すことは100%ないため、覚えておきましょう。

水道会社を装った詐欺行為について

水道会社の社員を名乗る男性から、「下水道に新型コロナウイルスが付いているので、洗浄した方が良い」「費用は10万円で済みます」といった内容の電話がかかってくる事例も報告されています。
これは、もちろん水道会社を装って金銭を騙し取ろうとする悪質な詐欺行為であるため、決して支払いに応じてはいけません。
不審な電話がかかってきたときは、その場で電話を切るようにしましょう。
ちなみに、これは大阪府内で発生した不審な電話であるため、周辺エリアに住む方は特に注意してください。

新型コロナウイルスに便乗した詐欺への基本的な対策

①新型コロナウイルスについて知る
前述のような詐欺行為の被害に遭わないためには、まず新型コロナウイルスについて熟知することが大切です。
例えば、PCR検査に関しては、ここ数日~数週間で少しずつ希望者が受けられるようになってきましたが、中にはいまだに受けたくても受けられないという方もいます。
そのような現状を知っていれば、厚生労働省から「検査を受けてほしい」と言われることが、いかに不自然なことかがわかります。

②すぐに対応しない
新型コロナウイルスは、高齢者の方ほど死亡率が高いと言われています。
したがって、高齢者の方が詐欺の電話等を受けたときには、パニックになってすぐ対応しようとしてしまうことも考えられます。
ただ、そのような行動を取ると、詐欺師の思う壺になってしまいます。
したがって、怪しい電話がかかってきたときは、とりあえずその場で対応せず、電話を切るようにしましょう。

③すぐ警察に連絡する
怪しい電話がかかってきたり、メールが届いたりした場合は、詐欺の可能性が高いです。
また、それらの中には、まだ警察に報告されていないものも含まれているかもしれません。
したがって、電話はメールに対応しないことはもちろん、そのような被害について、すぐ警察に連絡することも忘れないようにしましょう。
そうすれば、今後同様の手口は減少する可能性が高いです。

まとめ

ここまで、新型コロナウイルスに便乗した詐欺行為、そしてそれらへの対策について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
感染症を含む災害等の発生時は、必ず今回解説したような詐欺行為が横行します。
これらは人々の弱った心、不安につけ込む極めて悪質なものであり、決して詐欺師たちの思い通りにさせてはいけません。

 

ピックアップ記事

  1. ウイルス感染により企業が被る影響とそのリスクとは?
  2. JAPHICマークに関するよくある質問にお答えします!
  3. 【不動産業界】個人情報漏えいに備えた対策を考えよう
  4. 【医療介護業界】患者の個人情報漏えい事件を紹介します
  5. ビルメンテナンス業の個人情報漏えい対策になるガイドライン

関連記事

  1. 情報セキュリティ

    情報セキュリティベンダーが警戒する脅威とはどんなもの?

    情報セキュリティベンダーとは、ウイルス等の脅威に対抗する為のソフト…

  2. 情報セキュリティ

    会社の情報セキュリティを守る“企業情報管理士認定試験”

    どの業界においても情報セキュリティの強化を重要視している中、注目を…

  3. 情報セキュリティ

    休暇中は情報セキュリティが危険にさらされやすい?

    夏休みや年末年始などの休暇中は、個人の情報セキュリティが危険にさら…

  4. 情報セキュリティ

    情報セキュリティ管理基準における“テレワーク”への対策とは?

    経済産業省は、企業が適切な情報セキュリティ管理をする為の基準である…

  5. 情報セキュリティ

    情報セキュリティの三大要素”機密性””完全性””可用性”

    情報セキュリティには三大要素と呼ばれている大切な要素があります。そ…

  6. 情報セキュリティ

    IT系企業における情報セキュリティ対策を細分化して解説します

    IT系企業と一口に言っても、さらに専門的な業務を行う企業に細分化す…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP