ウイルス感染

コンピュータウイルスに感染する原因とはなにか?

監修者:金子 雅和

患者さんの個人情報をはじめとする機密情報を多く扱っている医療機関では、いかにして悪意のあるメールやサイトなどから大事な情報を守るかが課題となっています。

インターネットを利用している以上、組織の規模にかかわらずセキュリティ対策は避けられません。セキュリティシステムによる防御はもちろん、個人情報を扱う従業員ひとりひとりがコンピュータウイルスの感染予防を心がける必要があります。

今回のコラムでは、コンピュータウイルスに感染する原因を知り、その対策を講じるヒントをお伝えします。

開封したメールからの感染

2015年に日本年金機構から大量の個人情報が流出した事件は、記憶にあたらしいところです。この原因は、コンピュータウイルスに感染したメールを職員が開封してしまい、不正アクセスで遠隔操作されたことから情報が流出したとされています。

不審なメールのファイルを開いたり、URLをクリックしたりしないだけでなく、ウイルス対策ソフトを常に最新の状態に保ち、コンピューターのスキャンを定期的におこなうなどの対策が必要です。

インターネットからの感染

Webサイトのページを閲覧したり、URLをクッリクしたりしてウイルスに感染する場合があります。アダルト系サイトや不安を煽るようなサイトなど、つい閲覧したくなるようなサイトから感染する事例が多く報告されています。

社内のパソコンから不必要なウェブサイトへのアクセスをしないことはもちろん、ユーザー認証やIPアドレス認証などインターネットへの接続を制限する対策も同時におこないましょう。

USBメモリーなど記憶媒体からの感染

USBメモリーやCD-Rなどの記憶媒体に、コンピュータウイルスに感染したデータが含まれていると、それらを接続しただけでパソコンにウイルスが感染する可能性があります。

社内で取り扱っている情報を記憶媒体に記録して、だれでも社外に持ち出したせるような場合は要注意です。機密情報を外部に持ち出さないために、パソコンの持ち出しを禁止したり、パスワードを定期的に変更したりして、機密情報へのアクセスを制限するようにしましょう。

社内ネットワークを介しての感染

ウイルスに感染したパソコンが1台でもあれば、そのパソコンにネットワーク経由で接続しているすべてのパソコンにウイルスが感染する可能性があります。

ウイルスによる被害の拡大を防ぐためには、情報管理の担当者にウイルスの感染をすぐに報告し、感染したパソコンをネットワークから切り離してウイルス駆除や感染状況を確認するなどして被害を最小限に抑える対策が必要です。

そもそも、共有のパソコンがウイルスに感染しないために、ウイルス対策ソフトの導入はもちろん、ここまでに挙げた3つの「ウイルスが感染する原因」を従業員ひとりひとりが理解し、感染防止につとめましょう。

 

ピックアップ記事

  1. 【不動産業界】個人情報漏えいに備えた対策を考えよう
  2. ウイルスの総合的な内部対策が可能になる“UTM”について
  3. 個人情報を第三者へ提供する際の同意は全てにおいて必要なのか
  4. 【IT業界】個人情報の利用目的における正しい定め方』
  5. クリニック・病院で起こった情報セキュリティ事件について

関連記事

  1. ウイルス感染

    ウイルス感染に関する質問にQ&A形式で回答します!

    企業や個人に関わらず、ウイルス感染への対処法について、疑問を抱いて…

  2. ウイルス感染

    ウイルス感染により企業が被る影響とそのリスクとは?

    自社にウイルスが侵入してしまう事は想像したくはありませんが、もし感…

  3. ウイルス感染

    クッキーはウイルス感染に繋がる可能性があるのか?

    ブラウザに採用されている“クッキー(Cookie)”とは、簡単に言…

  4. ウイルス感染

    【企業向け】ウイルス感染対策として“ワーム”を知っておこう

    企業がウイルス感染対策として、身に付けておかなければいけない知識は…

  5. ウイルス感染

    ウイルスに感染したコンピュータの初期化方法や注意点とは?

    会社のコンピュータがウイルスに感染してしまったとき、焦らずにネット…

  6. ウイルス感染

    ウイルス感染対策ソフトでセキュリティが守れない場合とは?

    以前から多くの被害をもたらしているマルウェアの中でも、ウイルス感染…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP