内部対策

旅行時の情報セキュリティ事故をなくすための方法とは?

監修者:金子 雅和

国内旅行、海外旅行をする際には、事前に情報セキュリティ事故をなくすための方法を把握しておかなければいけません。
なぜなら、旅行時には旅行時ならではの情報セキュリティ事故が発生するためです。
今回は、主に頻繁に旅行をするという方に向けて、情報セキュリティ事故をなくすための方法を解説します。

旅行の予約時には注意しよう

旅行時の情報セキュリティ事故をなくすためには、予約時から注意しておなかなければいけません。
なぜなら、ネット上には、大手旅行会社、航空会社を装った偽サイトが多数存在するためです。
そのため、サイトにアクセスする場合は、まず正規のサイトかどうかを必ずチェックしましょう。
もちろん、偽サイトの被害に遭い、旅行代を騙し取られる可能性を限りなくゼロにしたいのであれば、少々面倒ではありますが、実際旅行会社の店舗に足を運ぶのが賢明です。

出発前には郵便受けを確認しよう

旅行時の情報セキュリティ事故をなくすためには、出発前にも1つ対策を取っておかなければいけません。
それが、自宅の郵便受けの確認です。
具体的には、郵便受けを確認し、個人情報が含まれるような郵便物はすべて処分するか、部屋の中に移しておきましょう。
また、長期の旅行である場合は、その間にどんどん郵便物が溜まってくるため、近くに住む親族などに定期的に収集してもらうようにしましょう。

フリーWi-Fiは気軽に使わないようにしよう

旅行中、観光地やレストランなどの情報を調べるためには、スマートフォンが欠かせません。
そのようなときに便利なのが、あらゆる公共施設や飲食店などに設置されている“フリーWi-Fi”です。
ただ、旅行時にフリーWi-Fiを気軽に使用するのは、あまりおすすめできません。
サイバー攻撃者は、そこで提供されているフリーWi-Fiと同名、もしくは酷似した名前のSSIDを持つフリーWi-Fiを設置し、間違って利用した方を攻撃することもあります。
特に海外のフリーWi-Fiを使用すると、大規模なサイバー攻撃の被害に遭ってしまう可能性もあるため、注意が必要です。
もし、旅行先でフリーWi-Fiに接続するのであれば、必ずWPA2で暗号化されているもの、ログインや個人情報の入力が必要ないものを選ぶようにしましょう。
また、海外旅行の場合は、なるべくモバイルWi-Fiを持参し、フリーWi-Fiは使わないようにするのをおすすめします。

物理的な窃取や紛失にも注意しよう

特に海外の治安があまり良くない場所では、スマホやパソコン等の物理的な窃取が多くなります。
そのため、必ず端末にはパスワードによるロックをかけておき、もし窃取されても不正利用に繋がらないようにしておきましょう。
また、スマートフォンの位置情報がわかる機能をONにしておけば、もしスマートフォンが窃取された場合でも、パソコンなどから位置を把握したり、画面をロックしたり、データを消したりすることができます。
これはiOS、Androidの両方で使える機能であり、とてもおすすめです。
ただ、この機能は、スマホがオンラインの状態になっていなければ使えないため、そこだけは留意しておきましょう。
もちろん、スマホやパソコンを紛失することがないように、肌身離さず持っておくことも重要です。

リアルタイムでSNSに投稿してはいけない

旅行に行く方の中には、旅行先からSNSに旅の様子を投稿する方もいますが、これはやらないようにしましょう。
なぜなら、リアルタイムで投稿してしまうと、「今家にいませんよ」と言っているのと同じことになるためです。
また、過去の投稿をさかのぼり、あらゆる情報から住所を特定されてしまうと、留守にしている自宅が被害に遭ってしまう可能性があるため、注意してください。
旅行の様子をSNSに投稿するのであれば、旅行から帰宅した日や、帰宅した数日経った日に投稿しましょう。

海外旅行ではなるべく現金を使用しよう

海外旅行をする場合、現地ではクレジットカードやデビットカードではなく、なるべく現金(現地通貨)を使用することをおすすめします。
なぜかと言うと、海外ではクレジットカードやデビットカードをPOS端末に挿入し、個人情報を窃取されるというケースが珍しくないためです。
また、過去にはATM自体をスキミング装置にしてしまうという、驚きのサイバー攻撃も発生しています。
ATMやPOS端末にスキミング装置が仕掛けられていても、簡単には発覚しないため、上記のような被害に遭うと、個人情報が窃取された上に、原因もわからないという最悪の事態にもなりかねません。
ただ、可能な限り現金を使うようにすれば、最低でもクレジットカードやデビットカードの情報が窃取される可能性は低くなります。

まとめ

ここまで、旅行時の情報セキュリティ事故をなくすための方法を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
旅行前、旅行中の対策を取っていなければ、せっかくの楽しい旅行の思い出が、最悪の思い出になってしまうかもしれません。
また、旅行時に情報セキュリティ事故が発生すると、帰宅後の生活にも影響が出てしまう可能性があるため、1つでも多くの対策を取ることは重要です。

 

ピックアップ記事

  1. IT系企業における情報セキュリティ対策を細分化して解説します
  2. 【不動産業界】個人情報漏えいに備えた対策を考えよう
  3. 視覚化ツールをご紹介!目で見るサイバー攻撃の脅威と今
  4. コンピュータウイルスに感染する原因とはなにか?
  5. 【医療・福祉・介護関連会社】情報セキュリティにおける安全対策と事例

関連記事

  1. 個人情報

    個人情報漏洩を防ぐための内部対策とその原因とは?

    個人情報漏洩を防ぐためには、会社の中でそれに向けた内部対策を打って…

  2. 内部対策

    企業SEが知っておくべきウイルス対策ソフトの選定方法とは?

    企業SEは、自社の情報システムにおける企画や、安定的なシステム運用…

  3. 内部対策

    医療機関におけるセキュリティの内部対策と重要性

    医療機関では、患者さんの診断結果や病歴などの大切な個人情報を多くか…

  4. 内部対策

    【内部対策】注目される脅威に関する知識を身に付けておこう

    時代の移り変わりとともに、注目される情報セキュリティにおける脅威も…

  5. 内部対策

    企業が行うべきウェブ会議における内部対策について

    近年、オンラインサービスを利用したウェブ会議を行う企業が増加してい…

  6. 内部対策

    情報セキュリティにおいて完全性が欠けることによる影響

    さまざまな要素を重視することによって、情報セキュリティは正しく機能…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP