ウイルス感染

パソコンがウイルス感染!業者に駆除を依頼する際の注意点

監修者:金子 雅和

自身が使用するパソコンがウイルスに感染してしまった場合、迅速にウイルスの駆除を行わなければいけません。
ただどうしても手に負えないときは、業者に依頼してウイルスの駆除をしてもらうことも可能です。
ではパソコンがウイルスに感染し、業者に駆除を依頼する場合には、一体どんな注意点があるのでしょうか?

パソコンがウイルス感染!業者に駆除を依頼する場合の注意点①プランの選択について

パソコンがウイルス感染し、業者に駆除を依頼する場合、業者が提供しているどのプランで依頼するかを慎重に決定しましょう。
業者が提供しているプランには、主に以下の3つのタイプがあります。

・作業時間に応じて料金がかかるプラン
・作業ごとの単価を合計した料金がかかるプラン
・料金固定プラン

パソコンの知識があまりない方は、ウイルス駆除に関する処理をセットで提供してくれる料金固定プランを選びましょう。
ただ依頼する際は、料金固定プランで行う処理がどんなものなのかは必ず確認します。

パソコンがウイルス感染!業者に駆除を依頼する場合の注意点②追加料金について

パソコンがウイルスに感染し、業者に駆除を依頼する場合は、依頼後に追加料金が発生するのかどうかを必ずチェックします。
業者によるウイルスの駆除は、基本的にウイルス対策ソフトを使って行われますが、それだけではすべてを駆除できない場合もあります。
その場合、業者はパソコンのOSを再びインストールするなどの処置を行います。
ウイルス対策ソフトを使用する駆除よりも、手動で行う駆除の方が時間も手間もかかります。
したがって業者の中には、ウイルス対策ソフトで駆除できない場合、次の処置を行うために追加料金の支払いを求める業者もあります。
最初に依頼するときに、追加料金が発生する可能性があるのかどうかは必ず確認しておきましょう。

パソコンがウイルス感染!業者に駆除を依頼する場合の注意点③同じ業者に依頼する場合について

パソコンにおけるウイルスは、1度駆除すれば二度と現れないわけではありません。
したがって以前駆除を依頼した業者に、もう1度ウイルスの駆除を依頼するというケースも考えられます。
このとき、以前駆除してもらったウイルスの再発であった場合は、同じ業者に無料で再対応してもらうことができます。
したがって同じ業者にウイルスの駆除を依頼するときは、どんな方法でウイルスの駆除を行うのかを質問しましょう。
そうすれば、現在感染しているウイルスが以前と同じものなのか、新しいものなのかを判断できるためです。
パソコンのウイルス駆除を業者に依頼する場合、大体10,000~40,000円程度の費用がかかるため、ここで無料になるかならないかは非常に大きいです。

まとめ

パソコンがウイルスに感染し、業者に駆除を依頼する場合の注意点を解説しました。
自身でパソコンをオンラインから切り離したり、ウイルス対策ソフトを使ったりしても駆除できない場合は、早急に業者に依頼することをおすすめします。
また業者選びをする際は、複数の業者の見積もりを一気に出すことができる一括見積もりサイトを利用しましょう。

ピックアップ記事

  1. ビルメンテナンス業の個人情報漏えい対策になるガイドライン
  2. 事例に見るサイバー攻撃!個人情報の流出に警戒を
  3. IT系企業における情報セキュリティ対策を細分化して解説します
  4. ウイルスの総合的な内部対策が可能になる“UTM”について
  5. 基本中の基本!?情報セキュリティの3大特性とは?

関連記事

  1. ウイルス感染

    マルウェアの駆除におすすめのツールと事前チェックについて

    企業を脅かす不正プログラムであるマルウェアに感染してしまった場…

  2. ウイルス感染

    パソコンのウイルス感染を疑うべき症状を解説します!

    パソコンにおけるウイルス感染対策は、さまざまな個人情報などを扱…

  3. ウイルス感染

    【個人向け】ウイルス感染対策として利用制限をしよう

    自身の子どもに、スマートフォンやタブレットを持たせているという…

  4. ウイルス感染

    ウイルス感染を100%防げるメールセキュリティサービスが登場?

    ウイルス感染の被害は一向に減少する見込みがなく、種類もますます…

  5. ウイルス感染

    Linuxのウイルス感染を予防する方法を徹底解説します

    Windows、Macと並んで、今や企業に欠かせないOSとなっ…

  6. ウイルス感染

    コンピュータウイルスに感染する原因とはなにか?

    患者さんの個人情報をはじめとする機密情報を多く扱っている医療機…

業種別記事

おすすめ記事

人気のある記事

最大700万の損害賠償保険が自動付帯

JAPHICマークの詳細・無料セミナーはこちら
PAGE TOP